facebook1 line twitter

東京・表参道の結婚相談所 サンセリテ青山の婚活コラム

表参道本店 アクセス
婚活

そのプロフィール、丸ごと信じて大丈夫?婚活では「確認すること」が大切

アプリ画面

婚活する上で欠かせないのがプロフィールですよね。婚活アプリでも結婚相談所でも、もちろん婚活パーティーでもプロフィールの書き方ひとつで印象が変わってくることもあります。
しかし、中には「良く見せたい」という気持ちから、プロフィールを盛ってしまうひともいます。また、アプリや結婚相談所ではプロフィールを書いてから時間が経って状況が変わっている人もいることでしょう。
結婚後に「話が違う!」ということがないように、事前確認の大切さについてお話していきます。

プロフィールの重要性

考える男性

アプリでも結婚相談所でも、対面する婚活パーティーでも最初に見るのがプロフィールです。おろそかにできないからこそ頑張って作成するのですが、そこには注意が必要なこともあります。

婚活ではプロフィールが重要

婚活パーティーのように最初から本人に会えるのであればまだいいのですが、婚活アプリや結婚相談所では最初の段階ではプロフィールを頼りに相手を探すことになります。ですから写真や学歴、収入などはもちろん、アピールポイントなどの書き方に気を遣う人は多いでしょう。
インターネットにも「良く見えるプロフィールの書き方」といった記事があふれていますし、結婚相談所ではアドバイザーが指導してくれることもあります。自己評価が低いと言われる日本人に「自分の良さを思い切りアピールしてください」というのは難しいかもしれません。「自分もいろいろな記事を参考にしてプロフィールを書いた」という人も多いのではないかと思います。
実際、書き方ひとつで印象は大きく変わりますから、検討を重ねることもいろいろな記事を参考にすることも大切だと言えます

プロフィールの「盛り」に注意

しかし良く見せたいという気持ちが強すぎて、プロフィールのあちこちを盛ってしまう人も少なくありません。例えば男性が身長や年収を少し高めにしたり、女性が男性受けしそうなこと(得意でなくても「料理が得意」など)を書いたりすることは、ある意味「盛っている」とも言えるでしょう。その人には悪気がなかったとしても、見る側にとってはそのプロフィールが「自己申告の真実」です。
プロフィールの写真が気に入ったので会ってみたら別人のようだった、という経験をした人は少なくないようです。当然ですが、プロフィールの写真は実物と同じ、つまり真実だと考えているという事ですね。これは極端な例かもしれませんが、プロフィールに掲載されているものを丸ごと信じてしまうのは少々危険かもしれません。

プロフィールがその人の全てではない

もちろん、何一つ盛らなくても魅力的なプロフィールの人は存在します。当然ですが「いいね!」がたくさんついたり、お見合いの申し込みが山ほどあったりすることでしょう。
例えばそれが結婚相談所であった場合、写真や条件面について書かれていることはまずウソでも盛ってもいないでしょう。実際に会ってみたら写真どおりで一目で気に入ってしまうかもしれません。
しかし、プロフィールはあくまでその人の一部です。その人の「本当の姿」は、その後にデートを重ねて分かっていくものではないでしょうか。また、プロフィールが「主観的」なものである限り、他人から見ると判断に困ることもあるかもしれません。「サバサバした性格」とあっても、実はかなり粘着質であったり、ガサツなだけだったりという場合もあるからです。

プロフィールでは分からないこととは?

通帳を見る女性

お話したように、プロフィールと相手の本当の姿が異なることは良くあります。ここではプロフィールでは分からないことについてご説明します。

収入

いわゆる普通の会社員であれば、年収というのは大きく変わることはないでしょう。しかし、経営者や医者、弁護士などの場合、必ずしも収入が一定しているという訳ではありません。業績、患者や依頼主の数によってその収入は大きく変化することがあるのです。また、外資系の企業や営業職などに多い「インセンティブ」によって高収入になっている場合も変化が大きい可能性が高くなります。
また年収の欄に書かれている額は、「今までで一番稼いだ額」か「今年の収入額」か、それとも「今までの平均値」なのか見ただけでは分かりません。「収入1千万」と書いてあっても、常に1千万あるとは限らないことを覚えておく必要があるでしょう。
お金と言えば、貯蓄や借金の額もプロフィールには載っていません。収入がいいからといって貯金が多いとは限りませんし、実はギャンブルで多額の借金を抱えているかもしれません。また、大学へ行くための「奨学金」を毎月返済している可能性も考えられます。

職歴

職業が会社員でも、転職の回数までは分かりません。例えば30歳なのに5回も転職をしていると聞いたら、男性でも女性でも不安になりますよね。入った会社が続けて倒産してしまったという自分ではどうにもならない場合もあるかもしれませんが、「自分の希望した部署に配属されなかったから」とか「入ってみたらイメージと違った」というような、非常に微妙な理由で転職している人もいるのではないでしょうか。
転職回数と共に、その人が今後どのようなキャリアプランを考えているかというのも重要です。今は会社勤めをしていても、独立を目指していることもありますし、別の何かで稼いでいこうと思っているかもしれません。これは男性だけでなく、女性にも当てはまります。趣味を生かしてネットショップを立ち上げたい、習い事の先生になりたいという人も少なくないのです。

結婚観・家族観

どんな家庭を作りたいかといった部分では、書き方によって読む人がいろいろな解釈ができる場合も多くなります。例えば「家事や育児にも積極的に関わりたい」とアピールする男性がいたとしましょう。女性から見たら「半々でやっていけそうだわ!」と感じてもおかしくない表現ですが、当の男性は「男性がする家事はゴミ捨てや風呂掃除くらい、育児も公園に連れて行く位でいいんじゃないか」という意識である場合もないとは限りません。実際、共働きしていて夫の方が先に帰ってきても、妻の帰宅をただ待っている男性は少なくないようです。
また、親との同居、親戚付き合いなども出身地によって独特の考え方が根付いていることがあります。「自分の常識は他人の非常識」という言葉もあるように、勝手に相手も同じ考え方だろうと決めつけて、後になって大騒ぎになることもあり得るのです。
子供についても、何も書いていなければ欲しいのか欲しくないのかも分かりません。また、欲しいという場合でも実際に生まれてみたら「自分達だけでは無理だから、うちの母に来てもらうわ」とあっさりと言われてしまうことも考えられますし、実はどちらかに問題があって子供は望めなかったという可能性もあります。

参考記事:不妊の原因の半数は男性にあり!婚活するなら受けておきたいブライダルチェック

健康状態・病歴

プロフィール写真を見ただけでは分からないのが健康状態や病歴です。もともと体が弱い人や、仕事や家事をこなすために通院している人は皆さんのまわりにもいるのではないでしょうか。また、日常生活には困らなくても走ったり飛び跳ねたりすることができないという人もいます。
事情を知ったうえで結婚するのと、知らずに結婚するのでは気持ちの部分で大きな違いがあるはずです。

確認することの大切さを知ろう

デートするカップル

「話してみなければ分からないなんて当然じゃないか」と思う人もいると思いますが、意外と書いてあることを信じてしまう人も多いものです。ここでは婚活における「確認」の大切さについてお話しましょう。

プロフィールを鵜呑みにしてはいけないもうひとつの理由

その人の状況は常に変化していますが、こまめにプロフィールを書き換える人ばかりではありません。掲載している間に転勤や転職、引越しなどでプロフィールの内容が変わる人も少なくないでしょう。写真にしても痩せたり太ったりすることもあります。
それ以外でも、プロフィールを作成した時と実際に会った時で考え方が変わることがあっても不思議ではありません。話を盛ったり嘘をついたりしているのではなく、時期のズレによって結果的にプロフィールと現実が変わってしまうことがあるという事を忘れないようにしてください。

会って確認することは非常に大切

会って話をすることは、ただその人の「人となり」を知るだけが目的ではありません。お話してきたように、プロフィールに書かれていることが本当に正しいのか確認する作業でもあるのです。もし異なる点があればなぜ違うのかと確かめることも必要になってきます。相手の回答によっては、どれだけ魅力的な条件がそろっていても「やめた方がいい」という結論に至ることもあるのではないでしょうか。
また、プロフィールにはなくても確認しておきたい事はいくつもあります。例えば宗教や家族との関係などがあげられます。「宗教?」と思われる人もいると思いますが、日本にも仏教以外の宗教を信じている人は少なくありません。例えばキリスト教徒であれば、既に洗礼を受けていて改宗することは考えられないという場合もありますし、仏教的な行事について知識がない可能性も考えられます。
家族については、現在では離婚や再婚をする人も多いので家族関係が複雑になっている場合もあります。また親離れ・子離れできていない場合も少なからずありますのでそういった部分もチェックしておきたいですね。

まとめ

以前に婚活サイトを利用したことがあったのですが、「すぐにでも結婚したい」と書いてあったのでマッチングして付き合い始めた時はすごく嬉しかったんですよね。でもなかなか「結婚」という話にならないので問い詰めました(笑)。そうしたら「その方が相手が見つかりやすいと思って・・・」と言われて、この人とはこの先はないなと感じてお別れしました。
最初にきちんと確認しておくことは本当に大事だと思います。プロフィールに書いてあることも、会って話している中で感じたことも、何となく流してしまうのは婚活ではNGだと身に染みた出来事でした。
いい関係を築くためにも、たくさん話をして確認を繰り返し、素敵な人を見つけて欲しいと思います。

この記事を読んでいただいた方へのおすすめ!
  • 婚活で人気の職業、医者との結婚への道

    婚活で人気の職業といえば、何といっても「医者」ではないでしょうか。社会的地位も高く、高収入であるため、医者や歯科医師と結婚したいと考える女性は多いです。しかし、医者は仕事柄あまり出会いが多いとはいえ……

  • 高額報酬を得る医者の条件は何?平均年収や年収事情を大解剖!

    収入が高いイメージの医者ですが、実際どれくらい稼いでいるか、平均年収はいくらくらいなのか知っていますか?高収入の医者と結婚したい女性のために、医者の手取り収入はどれくらいなのか、高額収入を得ている医……

  • 30代(アラサー)女性のための、正しい婚活の始め方

    友人や同僚が結婚し始めて、自分も何かしなくっちゃ・・・と考えてはいるけれど、結局これといった活動をせずに過ごしてしまった、という30代の女性は少なくありません。でも、まわりの男性が20代の女性と結婚……

サンセリテ青山 表参道本店
東京都渋谷区神宮前5-6-13 ヴァイス表参道 B1
《 地下鉄 銀座線・半蔵門線・千代田線 表参道駅 A1出口徒歩5分 》
TEL.03-5468-2181
高収入・エリート男性に特化した結婚相談所 サンセリテ青山の無料来店相談はこちらから
東京都渋谷区神宮前5-6-13 ヴァイス表参道 B1
《 地下鉄 銀座線・半蔵門線・千代田線 表参道駅 A1出口徒歩5分 》
TEL.03-5468-2181