facebook1 line twitter
東京・表参道の結婚相談所 サンセリテ青山の婚活コラム
表参道本店 アクセス
疑問・考察

婚活女性がお見合いや仮交際後に断られる「本当の理由」とは?

悲しむ女性

お見合いや仮交際で「お断り」されるのは男性だけではありません。相手にも選ぶ権利はありますから当然と言えば当然ですよね。「自分は美人だからそんなことはない」なんて思っている女性も、実は結構な割合でお断りをされているという現実があります。
婚活がうまくいかない女性の中には、無意識に男性に敬遠されてしまっている場合があります。
今回は女性がお見合いや仮交際で「お断り」されてしまう理由について考えていきます。

婚活女性は美人ならモテる、は勘違い

鏡を見る女性

若くて美人で、しかも結婚後も働くつもりなのになぜか断られてしまう…という女性は少し勘違いをしている可能性があります。結婚とはどういうものかをよく考えておかないと、なかなか成婚にはたどり着けないかもしれません。

男性も外見や職業だけで判断しない

恋人と妻は全く別ものです。「恋人にするならカッコいい人、結婚するなら優しい人」などと女性でも言うことがありますよね。これは男性でも全く同じです。
確かに妻となる人が若くて美人であればそれに越したことはありませんが、若くて美人なら結婚したいと思うわけではありません。特にハイスペックな男性であれば「金銭感覚がしっかりしている」「自立している」「自分の考えを持っている」など、様々な要素を持ち合わせた人であってほしいと考えるはずです。内面を重視するという点では男性も女性も変わらないと考えておきましょう。

タイミングが合わないこともある

お見合いや仮交際ではお互いが複数の人と出会いを繰り返しています。この段階では出会った中から一番ふさわしいと思える相手を探している状態なので、相手にとってたまたま直前に出会った人の方が自分よりも良いと感じられたから断られたということも考えられます。
ある男性が「こういう女性がいい」という条件をあなたがすべて満たしていたとしても、直前の女性に+αの部分があったので断られてしまったという可能性がないとは言えません。婚活はテストのように点が良ければ合格するものでもないのが難しいところです。選べるのはたった一人ですからね。
お見合いで断られた理由が「写真と本人のイメージが違いすぎた」「話が弾まなかった」といったことではない場合、このようなことが起きる可能性があることも覚えておいてください。

お見合いや交際後に断られたときの良くある「本当の理由」

受け身の女性

お断りの理由の中には「え?そんなことで?」と思ってしまうものもあります。しかし良く良く考えてみれば納得できることもあるのではないでしょうか。

お金がかかりそうな女性だと思われた

男性はきれいでかわいい女性が好きなものです。でもきれいや可愛いにも「派手な」「清楚な」といったタイプがいることは皆さんもご存じですよね。「なんであんな地味な子が自分より先に結婚するんだろう?」と内心思っている人もいるかもしれません。
よく言われていることですが、服もアクセサリーもカバンも靴も、全てブランド品という女性は、最も「お金がかかりそう」と思われてしまいます。
女性自身が高収入という場合であればともかく、一般的な収入にもかかわらずブランド品を買い集めることができるのはどうしてだろう?と疑問を持たれかねませんし、「プレゼントで高額なものを要求されそう」と男性が考えてもおかしくないですよね。
同様に、エステや化粧品などにお金をかけている人も要注意です。女性がきれいでいることは男性にとっても喜ばしいことですが、度を過ぎては「浪費」とみなされることもあります。こちらもブランド品と同じで、自分のお給料の中でやりくりできているのか?という点が重要になります。
実家で暮らしていれば自由になるお金は多くなりますが、家に全くお金を入れていないと言った場合は「それってどうなの?」と思われる可能性があります。そもそも、自宅住まいの女性は家事ができなさそうというイメージがあるので気を付けたいところです。

家族とべったりした関係だと思われた

家族と良好な関係を築けているのはアピールポイントとして有効ですが、こちらも度が過ぎればデメリットになります。
男性との約束よりも家族の行事を優先されたりすれば「自分は家族以下か?」と思われるかもしれません。中にはデートの内容や会話が家族に筒抜けだったことが分かって結婚は考えられないと感じたという男性もいました。
また、ちょっとしたことでも「親と相談しないと…」という女性は自立していないと思われてしまう可能性が高くなります。自分の家族との距離の取り方はよく考えておくべきでしょう。
高収入・高学歴な男性は親の期待も大きく、女性に対して自分の親も女性の親と同様に大事にして欲しいと考える人が多いものです。自分の親がないがしろにされるかも、と思えば結婚まで進むのは難しいでしょう。

礼儀・マナーがなっていないと感じた

お見合いや仮交際で、お茶代や食事代を毎回払ってもらっていてもお礼ひとつ言わない、といった態度は男性にしてみればカチンとする行動だといえます。お見合いや最初のデートでは男性が払うのが一般的ですが、「自分の分は出そうとする」「男性が払うと言ってくれたらお礼を言う」というのもマナーです。おごられて当然という態度は、男性からすると「お前は何様だよ」と思われていると思って間違いないでしょう。
また、男性に対して収入や学歴のことばかり質問するのも、男性の条件面だけを見ていると思われてしまう行動のひとつです。お金に関する質問ばかりでちょっと違うと感じた、というのもお断りの理由になるのです。
また、「きちんと挨拶ができない」「愛想がない」「自分の話ばかりして、男性が話そうとしたら不機嫌になった」などは最も基本となることができていないということにほかなりません。自分が当てはまっていないか気を付けてください。

基本的に受け身で自分に興味がないと思われた

最近最も多いお断りの理由がこの「女性が常に受け身の姿勢だった」です。
質問をすれば返してくれるけれど、自分からは質問してくれないというパターンは多いようです。また、デートの約束をしても行きたい場所や食べたいものなどを聞いても「お任せします」や「なんでもいいです」と言って提案をしてきてくれないと、男性側も「本当は自分に興味がないのでは?」と感じてしまうことでしょう。
女性としては男性にリードをしてもらいたいという気持ちなのかもしれませんが、全てお任せしてしまうのはNGです。仮に男性がすべて決めたとして、その結果がつまらなかった場合に「まともなリードもできない男だった」というのはあまりにも無責任だと思うのですがいかがでしょうか。
自分のことを知ってもらいたい、もっと気にして欲しいと思っているなら積極的に伝えようという気持ちが大切です。それがないと、男性も女性に興味を失ってしまいます。恋愛であれば「自然消滅コース」です。

断られてばかりの女性は自分の行動を見直そう

デートで会話する女性

今回は特に「受け身」と「金銭感覚」について考えていきたいと思います。

女性にも積極性は大事

受け身な女性が増えているという点については、結婚後もずっと受け身でいるつもりなのか?という疑問が湧いてきます。例えば結婚後に「○○というレストランに行ってみたい」「次の休みは温泉に行きたい」などと言うようになると思いますが、言いっぱなしで下調べや予約は全部夫である男性にお任せしようと思っているのでしょうか?
高収入の男性であれば、仕事が忙しくてそこまで手が回らないという可能性もあります。それでも「あなたがやって」と丸投げされたら、男性も「言い出したのはそっちなんだから自分も動いてよ」と喧嘩になるかもしれません。
結婚後は「そんなことはしない」というのであれば、結婚前から積極的でもいいのではないかと思います。女性同士でも「なんでもいい」「任せる」という人ほど文句が多いような気がしますがいかがでしょうか。このような女性は周りの人から「面倒だからなるべく関わりたくない」と思われていたりするものです。
男性にリードを任せておいて、「リードが下手」とお断りするのも同じですよね。「受け身な女性が多い」という意見が男性から多く出るということは、積極的な女性は印象に残りやすいということでもあります。一緒に楽しもう、もっと自分を知ってもらおうという気持ちを態度で表すのはとても大切なことなのです。

金銭感覚が「合っている人」を探す

ブランド物や美容にお金をかけることが悪いことだとは思いません。ただし、どんなお金の使い方をしているのかという点は考える必要があります。一般的に、男性は女性の浪費(と感じられるもの)にお金を出したくない、と感じている人が多い傾向があるからです。
例えばお互いが高所得者であり、生活費を出し合った後は自由に稼いだお金を使ってもいいというルールで結婚生活を送っているカップルであれば、相手から文句が出ることはないでしょう。しかし、食費や交際費を削ってもブランド物を買っているなら話は違ってきます。共働きでも、女性の稼いだお金がすべてブランド物に消えてしまってはたまったものではないからです。
お金の使い方や何に価値を置くかというのは人それぞれ違います。だからこそ、「お互いの考え方が近い」「お互いの希望が叶う」という点で見ていく必要があります。

まとめ

今の時代、婚活は競争の場です。自分のスタイルを貫き通すだけではうまくいかないことも多くなってきています。
男性が探しているのは「結婚相手」であって「恋人」ではありません。確かに見た目の良さで最初はアピールされることが多かったとしても、外見はいつか衰えます。一般常識が欠けていたり、男性の感覚から離れすぎていたりすれば選ばれることはないと理解する必要があります。
女性がそうであるように、男性もまた「結婚を意識した目線で相手を見定めようとしている」という点を忘れてはいけません。相手の価値観が自分と会っているかどうかを積極的に行動して、見極めるように努力してくださいね。

メッセージを送る
当コラムは皆さんの婚活のお手伝いとなるような記事を中心にテーマを選んでいます。
コラムの感想はもちろん、婚活にまつわる疑問・質問などもぜひお寄せください。

必須

必須

この記事を読んでいただいた方へのおすすめ!