お見合い

医師が求める理想の結婚相手の人物像とは? | 結婚相談所 サンセリテ青山

東京 表参道
03-5468-2181
結婚相談所 サンセリテ青山

医師が求める理想の結婚相手の人物像とは?


医師が求める理想の結婚相手の人物像とはどのようなものでしょうか?婚活女性がそのためにどのような女性像を目指すべきかを以下にお伝えします。

特有のライフスタイルを理解する

まず押さえておかなければならない基本的な事実は、多くの適齢期の男性医師は「出会いがない」ということです。医師に限らず高収入の職業の男性は得てして忙しいものですが、とりわけ医師は時間的に非常に拘束されています。もっとも、所属する診療科によってはそれほど時間的拘束がなかったり、開業医であれば時間に余裕がある場合もあるかもしれません。しかしながら、適齢期の医師の多数を占める病院勤務の医師は日常的に時間に追われたあくせくした生活を送っていることがほとんどです。また、休日が実質的にないことは、他の高収入男性と同じ状況があてはまります。

とはいえ他の職業の場合、付き合いのあるクライアントさんとの都合や、仕事の配分、人間関係などを自分で調整できる場合も多々あります。ところが、医師の場合はなんといってもいつ体調が急変するかわからない生身の患者さんが相手です。いつなんどき容態が急変し、緊急の呼び出しがあるか全く分かりません。比較することすら許されない他人の体と命の重みをつねに抱えながら24時間365日を過ごしています。そのため、時間的拘束と心理的ストレスが非常に大きい職業だということを理解することがまず大前提になります。

特有のライフステージを理解する

また、ライフステージや昇進ステージも世間一般の基準からみれば非常に特殊なルートをたどります。多浪も珍しくない医学部ですが、6年間の長い学生生活の後も前後期にわたる長い研修医生活が続き、そのあいだは金銭的にはそれほど恵まれない年月が待ち受けています。

その後、昇進のために大学院での研究生活に入ると、再び学生生活に逆戻りします。深夜の病院アルバイトで糊口をしのぐ期間を終えると、今度は専門医を目指す新たな関門が待ち受けています。その間、人や診療科によっては地方や過疎地勤務、転勤、留学といった異動回数も企業勤め並みに多い場合もあります。晴れていっぱしの医師になる頃には、かなりの年月が過ぎていることも少なくありません。

道のりの先にあるきらびやかな生活のために長年の下積みが必要なことはどの世界も一緒ですが、医療業界は典型的な古い価値観が支配する世界だけにそのことがとても顕著です。大ヒットテレビドラマ『白い巨塔』で描かれたような江戸時代のような世界観は決して大げさではありません。脚色や時代の違いを差し引いても、保守的な考え方が未だに色濃く残っている部分でもあります。

世間一般と医療業界の考え方のギャップ

翻って世間一般をみますと時代の流れは早く、近年ではかつては考えられなかったような社会的変化が巻き起こっています。先進的な大企業やベンチャー企業を中心に、かなり欧米的でワークライフバランス寄りの労働思想が日本でも重視されるようになりました。フレキシブルな働き方や、男女機会平等の実現への動き、共働きの増加、積極的に育児参加を行うイクメン男性の台頭などがその例として挙げられます。

こうした動きとは対照的に、あくまで全体的な傾向として医療業界はそのような世間の風潮にはまだまだ追いついていない、またはやや遅れていると捉えることができます。イメージとしては、昭和の社是・社風をもつ保守的な大企業に近いかもしれません。一見すると「男は家庭ではなく仕事」という価値観の押し付けにも映りますが、上層部にも別に悪気や他意があるわけではありません。

というのも、長時間労働を是としてきた医療業界では年功序列の風潮が強いからです。昨今のワークライフバランス重視の風潮を経験していない上の世代からみると、現代の風潮を体感的に理解することがそもそも難しいのです。それまで脈々と続いてきた当たり前の価値規範や独特の意思決定プロセスに何の疑問を挟むこともないからです。

フレキシブルな医師も少数存在

以上のような厳しい現実的側面もあるはいえ、医師のワークスタイルは案外幅が広いこともまた特徴のひとつです。どの診療科であるか、病院勤務か開業医か産業医か、都市圏か地方か過疎地かなど、労働環境によってはフレキシブルなところもあるため、事情は大きく変わってきます。一概に言えないところもありますが、多数派でみるとやはり前段で示した傾向が当てはまるでしょう。

したがって、今風のバリバリでリベラルな価値観を重んじる学校や職場環境で育ってきた女性の場合、いきなり医師の家庭に入ると、もしかすると受け入れがたいところも多分にあるかもしれません。ですので、医師との結婚を目指す女性はあまりそういった部分には期待しない方がよいでしょう。女性のキャリアに理解があり、フルタイムの共働きを許してくれたら、あるいは男性の育児参加に理解のある上司にあたれたらラッキー、くらいの気持ちで婚活に臨むとよいでしょう。

「出会い」がないもうひとつの理由

医師の「出会い」がない別の理由としては、病院という特殊環境の職場が非常に閉鎖的であるということです。他の多くの高収入の職業であれば、広い世界の人たちと関わるビジネスや交流、情報交換やクリエイティブな活動そのものが高い付加価値を生み出す構造になっています。対照的に、医師の場合は高齢者や病人といった社会的弱者を相手にすることで職業が成り立っています。ゆえに活動範囲は物理的にも狭いため、医療従事者以外の女性と交流する機会は滅多にありません。尊い職業といえば聞こえはいいですが医師と看護師の夫婦が割合の多くを占めているのはこのためで、同じく医師の心理的ストレスが高い原因になっています。

その観点から、医師の妻として選ばれる女性になるためには、このようなストレスフルな職業事情を深く理解しておくことが不可欠です。女性本人もこの人、この職業と一生付き合っていく、添い遂げる、という大きな覚悟を背負うことが必要になるでしょう。職業上の不安やストレスから、おおらかな安らぎや安心を求める男性は非常に多く存在します。同時に医師は頭脳労働者でもあるため、精神的なサポートだけでなく、小難しい話も理解できるような知性をも求めています。保守的価値観や世界観を共有できることは医師の妻としての大きな適性となるでしょう。

医師はどのような女性と結婚している?

よく見かけるのは、医師と看護師など医療従事者との同業者同士の結婚です。これは企業内の職場結婚と同様、お互いの職業に対する理解度の高さに由来していると考えられます。特に医師は世間一般の職業とは異なる側面が多いため、いちいち説明しなくてもわかってくれる伴侶を求めるのは男性の一般的な心理傾向です。

また、仕事内容や業界構造がかなり保守的であるだけに、伴侶となる女性にもそれ相応の保守的な考え方をもつことが自然と求められるようです。わかりやすく言えば、特にシニアな世代の医師にみられる傾向として、いわゆる「良妻賢母」のような家庭を守るタイプ、支えるタイプの女性に人気が集まる傾向があります。もちろん、ひとくちに医師といってもさまざまな性格や考え方の方がいらっしゃいますので、絶対にそうでなければならないというわけではありません。堅実なタイプや一部の若い男性医師は対照的に、派手なタイプや自立している女性を求める方もいらっしゃるでしょう。

ですので、これはリベラルな思想が要求される職業の男性と比較したときのあくまで相対的な傾向に過ぎません。数十年に及ぶ長い人生ですから、成婚のみならず長い目で平和で安定した結婚生活を目指すことが大事です。したがって、自身が保守的な考え方をもっていたり、少なくとも保守的な考え方に理解がある女性は医師の伴侶として適性が高いといえるでしょう。

”モテる医師”、その光と影

医師の世間的な評判の高さは、高学歴や公務員のような安定性にあると言われています。今後加速する少子高齢時代において、医師という職業が不要になる可能性はますます小さく、保守的な傾向を好む親世代には好まれています。

内面的には「地味で堅実」のような好ましい印象もあり、それゆえに俗に言う「医師はモテる」現象に結びついています。その一方、悲しいことに「弱者を助ける」本来の職業規範とは大きく食い違う行動を示す医師も一部存在します。医師になるには基礎的学問や専門知識などの机上の勉強はもちろんのこと、最新の症例研究にひたすら励み続ける禁欲的なスタイルが継続的に求められます。そのため、反動となる”遊びたい衝動”も大きいものです。高い志をもって医師になったような稀有な人材を別にすると、現代の日本社会ではいわゆる偏差値教育と医師の人材育成が強く結びついてしまっている現状のため、そのような高い職業規範を持つ医師が限られるという実情もあります。

深い教養と賢さが味方に

そのような背景から、昔から「医師は不倫が多い」と言われてきました。世間的にはあまり受け入れがたいような評判ですが、ドラマのような世界は現実に存在しています。そもそも人間の生と死、生命の神秘を日常的に扱うことから古代より医師は聖職であるといわれてきました。生まれ持った職業上の宿命といえばそれまでですが、光の当たる部分のみならず、こうした影の部分についても深く理解することは医師の妻を目指す婚活女性にとって不可欠なことです。

以上述べてきた点を総合すると、医師特有のストレスをケアできる深い教養と賢さ、お相手の方によっては保守性も兼ね備えた女性が医師の妻に向いているといえるでしょう。そのことを意識してはじめて、結婚がゴールではなく、「幸せな結婚」がゴールとして見えてくると思います。読者の方にとって、人生を導く幸福な出会いが訪れることを心よりお祈りいたします。


Top