お見合い

結婚相手としての自衛官の魅力とは? | 結婚相談所 サンセリテ青山

東京 表参道
03-5468-2181
結婚相談所 サンセリテ青山

結婚相手としての自衛官の魅力とは?

結婚相手としての自衛官の魅力とは?


公務員のなかでも特殊な位置づけで、婚活市場でも人気が高いのが「自衛隊」の独身男性たちです。国が彼らの婚活の支援を間接的にしていることをご存知ですか?今回はその自衛官男性の人気の理由と、魅力について迫ってみました!

結婚相手としての自衛官について、知っておきたい基本

知っておきたい自衛官の基本情報

自衛官とは言うまでもなく国の防衛・災害時の活動を目的とした「自衛隊」に所属する隊員さんのことです。陸海空あわせて平成28年には23万人前後いて、女性は5%前後なので95%は男性ということになります。
同じエリートと言われる職業でも弁護士は4万人前後ですから、その5倍以上は存在していることと、平均年齢は自衛官の方がぐっと若くなります。(定年が早く、また途中退官するケースも多いため)

※医師は30万人で2割は女性ですから人数規模としては自衛官とあまり変わらないことになります。ただ平均年齢や独身率は自衛官の方が高いはずです。

平均年収で見ていくと階級社会なので階級と年功序列により確かに開きはありますが、最も数の多い「曹」クラスでも平均500万円程度はあり、他の公務員と比べても年齢のわりに高めに設定されています。

※パイロットなどのエリート職では1000万円を超えることも多いです。年収平均は公表されていないものの「自衛官俸給表」によると全体平均は640万円前後(月収で40万円)と言われています。

公務員としての待遇に、独特なものが上乗せされています

自衛官の場合は上記の年収以外にも福利厚生面がかなり充実しているので、生活面では大きいメリットを享受していくことができます。職域などにより様々な手当てが上乗せされてきたり、住宅を建てる時に優遇されたり、年金制度も充実していたりなど、公務員ならではの福利厚生が充実しているので「年収の数字には表れないメリット」を数多く受けることができるようになっています。(詳しくは後述)

意外と知られていない、自衛官男性の結婚事情とは?

出会いの少ない職場と、国が婚活を後押ししてくれるという事情

まず結婚願望については他の公務員同様、自衛官もとても強いです。「この上は早く身を固めたい」という公務員独特の考えもありますが自衛官の場合は理由も特殊で、独身のうちは官舎住まい(規律のある独身寮のようなものです)になりますから、「結婚して早く官舎を出たい」という事情もあるようですね。(結果として自衛官男性の結婚はかなり早めになる傾向があります)

しかし彼らが簡単に結婚相手と出会えるかというと、そうでもありません。職場は95%が男性ですし転勤など環境変化の多い彼らはあまり職場結婚自体を好まない傾向にあります。結果としてほとんどの男性が外部に出会いの場所を求めることになり、そこに婚活女性としてはチャンスも生まれるわけです。

どこへ行けば自衛官と出会えるのか?

最近では、出会いの少ない自衛官のために、自衛隊が主催する婚活パーティーが増えてきました。地方各地で開催されており、参加資格は「社会人である事」だけですので、誰でも簡単に参加することが出来ます。
自衛隊の場合は隊員の婚活を後押しする姿勢があるのでそうしたものを活用していく手もあります。ただこの場合競争率も高いですし、年齢や積極的な性格など自分側の「ある程度の自信」も大前提になってくるので注意は必要です。

もう一つは結婚相談所など、「登録して1対1でお見合いをしていく」スタイルの場所です。独身男性隊員は20代が多いのですがもう少し年齢が高い同士で結婚相手を探している場合など、周りを気にせずに探して交流していくことができるでしょう。

結婚相手としての自衛官の魅力とは

手当や福利厚生など目に見えるメリットも大きい

公務員の場合はいろいろな名目での「手当」も多く生活の実態は数字より充実しているのですが、特に自衛官の場合は恵まれています。

たとえば手当一つをとっても、
通勤手当、扶養手当、航空作業手当、落下傘降下作業手当、駐留軍関係業務手当、南極手当、夜間看護等手当、除雪手当、死体処理手当、災害派遣等手当、国際緊急援助等手当、海上警備等手当、小笠原手当・・・などなど(ごく一部ですが)数え切れないほどの手当が存在し収入が上乗せされます。

また保険制度を取ってみても、
防衛省職員団体生命保険、一時払退職後終身保険、防衛省職員団体医療保険、退職後医療保険、防衛省職員・家族団体傷害保険、防衛省退職後団体傷害保険、自衛隊等の固有危険補償特約付海外旅行傷害保険(PKO保険)、団体取扱生命保険、団体取扱火災保険、防衛省職員団体年金保険、海外保険(工務海外出張者)・・・など限りなく充実しています。

他にも家賃格安の官舎に住むことができたり、家の建てる場合ローンを組みやすく金利も安かったり、借り上げ住宅に住む場合も補助が出たり、けがや病気の際も自衛隊病院で治療すれば治療費はかかりません。(家族も利用できます)こう考えると「出ていくお金」もかなり抑えられるので生活面もかなり安定し、貯蓄がしやすいのは間違いないでしょう。

誇りを持てる仕事で、頼りがいもある

また手当など金銭面のメリット以外でも、いわゆる「国防男子」と結婚することで得られる面はあると思います。国防はもちろんですが平時にも災害救助などで社会貢献をしているのが明らかな職業なので、胸を張っていられる部分はあります。(かっこいいですよね!)実際に知り合いに自衛官の妻であることを話すとうらやましがられる(笑)といったことはよくある話です。

また日ごろから訓練などで鍛えられている男性ですので、規律正しい生活や体力など「頼りがいがある」男性らしい面も強く持っています。組織に対しても家庭に対しても「男性としての使命感」を強く意識して生きていく自衛官男性は、結婚相手としても魅力的な人が多いのではないでしょうか。

専業主婦願望の強い人にはうってつけかもしれません

転勤や連続勤務の多い職場ならではの独特な結婚ニーズ

「結婚相手に何を望むのか」というのは女性それぞれで違うので、これは人によってはメリットと感じられないかもしれません。しかし「ともかく専業主婦になりたい!」と考えている女性にとって自衛官は男性からのニーズも一致することが多く、うってつけの結婚相手と考えることができます。理由は大きく2つあります。

転勤や長期不在などが多いので、女性には家を守ってほしい

自衛官の場合は訓練や召集などで長期間帰宅できないことも多く、また突然出勤しなければならないケースも多いです。また海外派遣などとなると1年近く家に帰れないケースもあります。そう考えると結婚相手の女性には共働きよりも家庭や育児などに専念できる「専業主婦になってほしい」という願望を持つ男性が多いのです。

「女性には家庭を守ってほしい」という考え方の男性も多い

これは「国防男子」ならではの傾向、発想と言えるかもしれません。もちろん全員というわけではないのですが男性自身が外に向いて働いていて、女性には「内助の功」を期待する(少し保守的ですが)考えの男性が多いといえます。現実的には男性はなかなか帰宅ができず不規則になる面もあり、家庭に専念してくれる女性の方が都合がいい…というのも理由の一つでしょう。

他の多くのエリート男性の場合実は、「専業主婦志向の強い女性」をそれほど好まない傾向があります。あくまでも傾向なのですが高収入エリートほど「女性には精神的にも自立していてほしい」と考えることが多いので最初から「専業主婦になりたい」という願望を依存心と捉え、避ける男性もいます。しかし自衛官の場合はこうした独特の事情から専業主婦を望む女性を「むしろ歓迎」する男性が多い傾向があるので、専業主婦願望の強い人は自衛官男性との結婚について、積極的に考えていっていいのではないでしょうか?

自衛官ならではの環境の変化なども理解したい

とはいえ仮に自分が「専業主婦」になるとはいっても、相手は「マイホームパパ」とは程遠い存在になることを覚悟する必要はあります。自衛隊は休日で会っても非常招集が掛かれば災害派遣の任務についたり、海外派遣の任務に就くこともあります。昔のことわざに「親父元気で、留守がいい(笑)」というものがあるのですが、こうしてできた一人の時間を前向きにとらえることができるのかがポイントになってきます。少なくとも訓練の長期不在や突然の招集、そして職場の付き合いなどがあっても嫌な顔をせず、気持ちよく送り出してくれる女性であることは大事なポイントでしょう。

また転勤も国家公務員なので当然多く、数年ごとに勤務地が大きく変わることは理解していく必要があります。(幹部になる多ければ2年に1度、特に海・空は多いようです)また国防という特殊な仕事の上に待遇が成立しているのでいざというとき最悪殉職…という可能性も全く意識しないわけにはいきません。こうした環境の変化にもついていける…という心構えこそ彼らと結婚して専業主婦になるための代償と言えるかもしれませんね。

いかがでしたか? いろいろ環境の変化なども多い自衛官ですが、結婚相手として多くの魅力を備えた職業と言えそうです。「自分は一人の時間も楽しめる」という女性であれば、ぜひ検討してみてもいいかもしれません!


Top