結婚相談所

公務員が結婚相談所で人気の理由とは? | 結婚相談所 サンセリテ青山

公務員が結婚相談所で人気の理由とは?


結婚相談所で最初にお客様のカウンセリングをするときに必ずお聞きするのが、「どのような職業のお相手を希望しますか?」という項目です。
マッチングをしていく際に必須ですので当然お聞きするのですが、断トツで多い答えというのが「そうですねえ…公務員とか…」というお答えになります。女性のお客様の場合それに先立って先に親御様からご相談を受けることも多いのですが、その際はご本人以上に「公務員が良い」という希望がほぼ必ずと言っていいほど返ってきます。
なぜ結婚相談所でこれほどまでに公務員が人気なのでしょうか?それについて考えてみました。

結婚相手(男性)としてダントツ1位の公務員!その理由とは?

女性はどんな職業の男性と結婚したいと思っているのか

大手就職関係の「マイナビウーマン」さんが2017年に行った調査を抜粋すると、女性で結婚相手に希望する職業としては

第1位 公務員(20.4%)
第2位 会社員・サラリーマン(10.9%)
第3位 医師(8.5%)
第4位 弁護士(3.0%)
第5位 営業職(2.0%)
同率5位 警察官(2.0%)
第7位 消防士(1.5%)
第8位 教師(1.0%)
同率8位 IT系(1.0%)
同率8位 自営業(個人経営)(1.0%)
同率8位 大工・土方系(1.0%)

となっています! 公務員ダントツですね(笑)消防士や警察官も公務員の一種ですから、それを含めるとさらに人気ということになります。逆に独立精神を持ってやっていくタイプの職業は(国家資格があり安定している医師や弁護士を除けば)5位の営業職(2%)、8位の自営業(1%)などのみなので、華やかなイメージと違いかなり不人気なのもわかります。

参考までに男性の場合(相手の女性に求める職業としては)

第1位 看護師(8.9%)
第2位 医師(5.2%)
第3位 公務員(4.2%)
第4位 保育士・保母さん(3.6%)
第5位 キャビンアテンダント(CA)(3.1%)
第6位 アイドル(2.1%)
同率6位 アナウンサー(2.1%)
第8位 事務職(1.6%)
以下省略…

となっていますのね。一応公務員もいるのですが「癒し」などのイメージが先行して人気の序列が決まっているのが、男性の特徴なのかもしれません。逆に女性の方がより派手さやイメージより、より現実的に結婚相手に求める職業を考えていると言えるでしょう。これは男性以上に親の世代からの意見を強く反映しているから、といえるかもしれませんね。

多くの女性が結婚相手を決める、その基準とは?

なんといっても安定性が一番

もともと日本人の特色としては「不安」をつかさどる遺伝子(セロトニントランスポーター)を世界一高い確率で持っていることから、何事に対してもリスクを意識しがちで、慎重な傾向が強いということはよく言われていることです。
さらに時代の変化というものも「不安の解消→安定志向」をますます強める要因となっています。この国では親世代と比べて景気は目に見えて後退し、給料も上がり続けるということはなくなりました。少子化により年金や福利厚生の心配も目に見えて大きくなっています。

そして一見エリートに見えた人たちも経済状況の変化でいつ転落するかわからない、という転落劇を(大企業の倒産などで)目の当たりにしている私たちの世代は、「やっぱり安定が一番だな…」というのが半分は口癖のようになっています。
もちろん人間同士なのでいろいろな要素で結婚相手は決まっていきますが条件が同じであれば「まず安定しているのが一番」となっていくのはある意味当然です。

親への紹介しやすさという女性ならではの基準

また女性の場合は結婚をするにあたって、両親の理解と賛同が男性以上に、かなり重きを占めるということも理由の一つです。
特に結婚相談所の場合、女性は3分の1程度は親御さんが初期費用を出して活動している…と分析しているデータもあるほどです。(当たらずといえども、遠からずというところです・・・)

親御さん世代の場合年齢的にも安定志向がますます強くなっているということ、また親世代の場合は「マイホームを建ててローンを組んで、定年まで同じ職場で働いて老後は安定した年金生活を送る」というライフモデルを送ってきて、自分の娘にもできれば同じようなパターンを踏ませたいと考えることが多いのです。
すでに景気の後退などでこのパターンはかなり崩壊しているのですが、公務員であればまだこのライフモデルを守ることが可能なので「安定している人を紹介すると両親に安心してもらえる、喜んでもらえる」ということも公務員人気の理由の一つでしょう。

公務員だからこそ満たせる、多くの「安定ニーズ」とは?

給料は安定していてそれなりに高いこと

平成28年度の実態調査によると、国家公務員の平均年収は633万円。また都道府県の地方公務員の場合は自治体によりますが、おおむね500-600万円前後です。もう少し小さな自治体の場合平均年収は下がりますが、それでも同地域の民間企業と比べれば100万円以上も高いことが多く、また安定しています。

また公務員の場合はよほどのケース以外では「給料が下がる」ということはなく、基本的には年齢とともに上がり続けます。そして「経営状態が悪いので会社がつぶれて首になる」といったリスクもないので、自身の不祥事などよほどのことがなければ職を失い、無収入になってしまうということはないでしょう。

医師や弁護士の場合平均年収は1000万円を超えて多いのですが、例えば弁護士であれば年によって平均年収は倍近く変動しています。医師の場合も勤務医と開業医、そして分野により大きな格差があり安定しないので、その意味では「安定しない1000万より安定する600万の方がずっといい」という考え方をすることもできます。

年金などの福利厚生も充実している

たとえば有給休暇についてみていきましょう。民間企業の場合は、入社半年後に10日ほどの有給休暇が与えられ、その後勤続年数に応じて増やしていき、最大20日の有給休暇を与えるという体制をとっているところがほとんどです。
一方公務員は、1年目から20日の有給休暇を取得できます。さらに新規採用直後でも15日後から取得可能です。こうした日数や取りやすさの違いが隠れた人気の一つでもあります。

また病気の場合の休暇は、医師の診断書があれば原則90日取得が可能であり、この間は給料が100%支給されます。このほか、夏期休暇や介護休暇、ボランティア、ドナー、産前産後、保育、、配偶者の出産など、民間ではほとんどないような特別休暇が付与されています。

また年金についても事実上優遇されています。国家公務員は省庁別、地方公務員は、都道府県と市町村を合わせた形の共済組合がもともとあり、医療保険と年金を運営していました。このうち公務員が加入する共済年金は、民間に比べ厚遇だと批判が高まったため、サラリーマンの厚生年金に一元化されましたが、公務員の上乗せ払い部分については「年金払い退職給付」という形で残ることになりそうで、まだまだ公務員との格差は解消しそうにありません。

社会的信頼もあるのでローンも組みやすい

またマイホームや車の購入などで利用するローンについても、公務員は優遇されます。公務員の場合は勤続年数に関わらず、公務員というだけで多くの場合でローンを組むことができます。よほどのことがない限り、公務員はローンを組む際に断られることがありません。家を建てるのにも、お金を借りるのにもローンを組む必要がありますが、その審査において公務員であると、非常に有利になります。
ローン自体を組みやすいというのは人生設計を考えるにあたり大きなメリットとなることもありますが、ローンの金利についても低くしてもらえるなど、かなりのメリットがあると言えるでしょう!

結婚相談所ではますます公務員男性が人気なのはなぜ?

結婚相談所を利用する女性に多い考え方とは

一般的な傾向としても日本の女性には大人気の公務員ですが、特に結婚相談所ではさらにその傾向が顕著です。公務員をお相手の希望職業に含めない女性の方がかなり少ないと言っても過言ではありません。(どうしても公務員だけが良い、という女性もいますが、それほど多いという訳でもないですが)どうしてこんなに人気なのでしょうか?

自分が感じることとしては、結婚相談所を利用する女性というのはより「婚活について現実的に物事を考えている傾向が強い」ということです。恋愛と結婚について現実的に捉えて、相談所に初期費用をそれなりに払って活動をしていきますから、それに見合う目に見える「成果」を意識しやすいということもあり、より目に見える「安定の象徴」としての公務員に人気が集中していると言えます。

需要と供給の関係から見てもベストの考えと思う人が多い

また婚活市場としてのパイの大きさ(人口)においても公務員は魅力的です。日本の公務員は「人口当たりの比率」では先進国中最低です(収入水準は最高レベルですが)。それでも国家、地方合わせて約350万円の公務員がいます。同じ女性からの人気職でも弁護士は4万人程度、医師は40万人程度なのではるかに婚活市場でも出会いやすく、現実的に一番ねらい目であるということを多くの女性が知っています。
また特に医師などの場合家族も医師であったり、いろいろなしがらみから結婚後も特殊な人間関係の中に身を置くことも多く、その点では公務員の方が「普通の結婚生活」を営みやすいという利点もあるのかもしれません。

婚活では「士農工商」の概念は今でも健在かもしれない

「士農工商」というと、江戸時代にあった古い身分制度で、明治以降は消滅した概念とされてきました。しかしあくまで比喩として現在の職業に置き換えることは可能ですし、「親に紹介しやすいかどうか」など婚活市場での人気ランキングに置き換えていくと、この士農工商という考え方はあながちなくなったわけではないな、と感じることもあります。(身分制度自体はもちろんなくなっていますが、歓迎される職業の序列には現実的な傾向があります)

「士」というのは国家や自治体に使える公務員の事であり、また国家資格である医師や弁護士もそうでしょう。他の3つは省略しますが、いつの時代も分かりやすい安定を得られる公務員は、就職や人気ランキングでは永遠のトップなのかもしれないですね!


Top